TOPICS

2013年07月31日

旬感レシピ〜おうちでつくろう〜

毎週水曜は、このコーナー[E:sign03]

旬感レシピ〜おうちでつくろう〜

今日は、スイーツをフィーチャー[E:cake]
さぬき市志度にある洋菓子店『ainaふろーりあん』のパティシエ 高橋竜史さん
お越しいただきました[E:happy01]



今回のテーマは『桃』

Photo_2

Photo_3


”飯山の桃娘” 私に、ぴったりのテーマですね(笑)


[E:flair]桃の見分け方
ふっくらときれいな丸みをしていて、全体的に紅く色づいているもの。(品種により異なる)
皮の色が濃い⇒甘みあり[E:sign03]色の濃い部分に白い点々が出ていればより良い[E:note]
皮全体にうぶ毛があり、香りの強いものが美味しい。

[E:flair]保存&食べる時
冷蔵庫で冷やしすぎないこと[E:sign03]
冷蔵時間が長いと甘さが抑えられてしまいます。
どーしても冷たい方が良い人は、食べる1〜2時間前に冷蔵庫に入れてから食べてね。
基本は、涼しい場所で常温保存。

[E:flair]触らないで
桃は、とっても繊細でデリケートな果物。
触ると、すぐにそこから痛んでしまうので、スーパーなどで購入する際も、
触らないように気をつけてください[E:sign03]



今回、高橋さんに、桃の剥き方を色々実験していただきました[E:up]

@ガスバーナーなど火であぶる⇒難しい。

A包丁で剥く⇒がたがたになりやすく、果肉にダメージもあり。

B湯剥きする⇒熱湯につけ、しばらくじゃぶじゃぶして、氷水につける。
後は、包丁でペロッと皮をめくると・・・あら!簡単[E:heart01]

ということで、スイーツなどで桃を丸ごと使いたい場合は、湯剥きが1番おススメ[E:flair]



そして、今回の『桃』を使ったデザートは・・・
『桃のイージー・スムージー・ボク りゅーじー』


Photo_5

[E:catface]


さて、作り方です(笑)

まずは、桃のコンポート作りから。

@桃を湯むきして、くし形に果肉を切る。(こま切れに)

Aシロップを作る。(水:砂糖=2:1)
今回は、桃1個に対して、水200g、砂糖100gで作りました。

B容器に桃を入れ、沸いたシロップをそそぐ。

Cレモン汁 少々を入れる。

Dよくシロップにつけた桃を冷凍庫へ入れ凍らせば完成。
(この時、シロップは捨てないでね。)

冷凍した桃のコンポートは、1ヶ月位で食べ切ってくださいね[E:flair]
桃以外のフルーツでも使えますね
[E:happy01]


そして、このコンポートを使ってスムージーを作ります[E:dash]

@氷、冷凍した桃のコンポート、つけこみシロップ、グラス、ジューサーを用意。

Aこま切れにした桃をジューサーにかけて砕く。
ジューサーの動きがニブい時は、少しシロップを入れてください。

B氷を入れて、さらに砕く。入れすぎると水っぽくなるので味見をしながら。

Cドロドロになれば完成!


香りを付けたい時は、桃ジュースを加えたり、香料をプラスしても[E:good]


Photo_4

んまーい[E:heart01][E:heart01][E:heart01]
桃の香りを甘みは、そのまま[E:sign03]ゴクゴクいけちゃいます[E:happy01]
栄養補給にぴったりです[E:shine]

とっても簡単なので、夏休み中のお子さんと一緒に作ってみてください[E:wink]



posted by joy-u at 20:48| TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メッセージ・リクエストはこちらまで

FM香川「JOY-U CLUB」係
MAILclub@fmkagawa.co.jp  FAX : 087-837-7870
あなたからのメッセージ・リクエストが番組を面白くします!
どんどんお寄せください♪

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。