TOPICS

2013年05月29日

旬感レシピ〜おうちでつくろう〜

毎週水曜は、このコーナー[E:note]


『旬感レシピ〜おうちでつくろう〜』


第5週ということで、特別ゲストをお招きしました[E:up]
2011年にFM香川で放送されていた『ほね☆ラジ』のパーソナリティを務められていました山田由美子さんです[E:shine]


Photo_3

なんと山田さん[E:sign03]
栄養士免許、中学校教諭ニ種免許(家庭・保健)、ジュニア野菜ソムリエ、
フードコーディネーター3級、国際薬膳食育師3級、食育指導士という6つの資格

お持ちなんです[E:flair]
これらの資格を活かし、今月から料理教室『Cooking Salon VIS』を始められました[E:note]

『Cooking Salon VIS』では、旬の野菜や果物を使い、薬膳の知識を取り入れた
体に嬉しいレシピを学べるとのこと。

そこで、梅雨、そしてこれからやってくる夏に備えて、夏バテ防止に効果のある
食材などを教えていただきました[E:sign03]


薬膳では、夏は『心臓』の機能が低下しがちなので、『心臓の機能を高める食品をとりましょう』と言われているそう。
ちなみに、春は『肝臓』、秋は『肺』、冬は『腎臓』の機能を高める食材を[E:sign03]

夏バテを防ぐには、大きく分けて3つのポイントがあります。

@体を冷やして、利尿作用のある食品をとること

主な食品は、ナス、きゅうり、冬瓜、スイカといった夏が旬のもの。
他に、海藻類のわかめ、薬膳食材のはと麦なども。


A消化がよく胃腸に優しい食品をとること

主な食品は、かぼちゃ、キャベツ、シソ、梅干、ヨーグルトなど。


Bイライラを鎮め心臓によい食品をとること

主な食品は、セロリ、トマト、納豆、豆腐、牛乳、薬膳食材のナツメなど。


そして、もう1つ大切なことが・・・それは、『腹八分目』[E:sign03]
お腹がいっぱいになるまで食べてしまうと、体に熱を生みやすくなってしまいます。
すると、夏バテしたり、既に夏バテしている人は症状に拍車をかけてしまうそう[E:down]
なので、四季の中で特に夏は、『腹八分目』を心がけてくださいね[E:happy01]


そして、今月の料理教室でも登場する『梅シソソース』のレシピを教えていただきました[E:shine]

《材料 2人分》

はちみつ梅 大3個
シソ 5枚
オリーブオイル 大さじ3
ニンニク 1かけ
昆布茶(顆粒) 小さじ1

上記の材料を全部ミキサーなどを使ってピューレ状にします。
パスタソースに使ってキャベツやツナを入れると美味しいし、
お子さんが嫌いな野菜もこのソースでパスタと一緒にからめるとシソの香りで食べやすくなります[E:up]
夏には、冷製パスタにしてもいいですね[E:happy01]

また、肉や魚を炒めたり焼いたりする時のソースとして使うとおかずにもなるし、
お酒のおつまみにもなるので、料理に時間がかけられないわという忙しいママさんには
フル活用して欲しい[E:happy02]


山田さんが主宰されている料理教室『Cooking Salon VIS』では、
お料理レシピを教えていただけるだけでなく、薬膳の知識、
食育や食環境づくりの豆知識なども学べます[E:flair]

Resize0001_2

Resize0002

Resize0003

Resize0006

とってもおしゃれー[E:lovely]
私も、花嫁修業に行かねば[E:up][E:up][E:up]

詳しくは、『Cooking Salon VIS』のHPをご覧下さい。



posted by joy-u at 21:50| TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メッセージ・リクエストはこちらまで

FM香川「JOY-U CLUB」係
MAILclub@fmkagawa.co.jp  FAX : 087-837-7870
あなたからのメッセージ・リクエストが番組を面白くします!
どんどんお寄せください♪

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。