TOPICS

2013年05月15日

旬感レシピ〜おうちでつくろう〜

毎週水曜は、このコーナー[E:sign03]


『旬感レシピ〜おうちでつくろう〜』


Photo

毎月第3週は、お米をフィーチャー[E:riceball]
綾川町のお米のかわにし、川西将司さんにお越しいただきました[E:happy01]

気温が25℃を超え、川西さんも半袖です[E:note]
(先月も半袖でしたが、笑)


県内でも、田植えが済んだ田んぼをちらほら見かけるようになりました[E:note]
今、植えているのは『コシヒカリ』がメイン。
『ヒノヒカリ』は、6月上旬。

しかし、県外で見てみると・・・高知の極早生品種は、7月に稲刈りするんですって[E:sign02]


早くも、今年のお米の出来が気になる中・・・『お米の安全』がテーマ[E:flair]

この時期は、会社の健康診断の結果が出て、健康に気を使う人が増え、
川西さんのところにも『玄米食を始めたいのですが・・・』というお客さんが
多く訪れるそう。

やっぱり健康に気を使うとなると、玄米を食べた方がいいのかな・・・と思っていたところ、
『米で免疫活性化』というニュースが飛び込んできました[E:dash]

でんぷん組織である白米のヌカの間に挟まれている『亜糊粉層(アコフンソウ)』
呼ばれる部分に、免疫機能を活性化させる成分が多く含まれているということを
香川大学医学部などのグループが発見したそうです。

その成分のことは、『糖脂質』と呼ぶそう[E:flair]


元々、ヌカの部分に多く含まれているので、『玄米』を食べることで
摂取することは出来たのですが、ちょっと面倒・・・。

今回、白米とヌカの間にも『糖脂質』が多く含まれていることが分かったことで、
効率よく『糖脂質』を採れる方法として、お米屋さん的には、『分搗き』をおススメしたい[E:up]

3分、5分、7分と好みによって試してみてくださいね[E:note]


そして、『お米の安全性』

一般的な農法を『慣行栽培』と呼び、量販店で並んでいるお米がそれにあたります。

そして、最近、目にすることも多くなった『特別栽培米』は、
各県ごとに設けられた農薬や化学肥料を使う基準の半分以下で栽培されたお米のこと。

慣行栽培も国や県の基準を満たしているものなので、もちろんOKですが、
無農薬、有機栽培など安心、安全なものをお探しの方は、
『特別栽培米』をチェックしてみてください[E:flair]


食べるものも選択肢が広がっている現代。
自分の考えをしっかり持って、必要な情報を手に入れて選択することが大切ですね[E:happy01]

お米は、毎日食べるものだから、手軽さとか価格との兼ね合いもあります。

今度、購入される際、ちょっと銘柄や栽培方法をチェックしてみてくださいね。



posted by joy-u at 21:01| TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メッセージ・リクエストはこちらまで

FM香川「JOY-U CLUB」係
MAILclub@fmkagawa.co.jp  FAX : 087-837-7870
あなたからのメッセージ・リクエストが番組を面白くします!
どんどんお寄せください♪

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。