TOPICS

2013年04月03日

旬感レシピ〜おうちでつくろう〜

毎週水曜は、このコーナー[E:sign03]

『旬感レシピ〜おうちでつくろう〜』


Attachment03

毎月第1週は、野菜をフィーチャー[E:flair]
シニア野菜ソムリエの末原俊幸さんが登場[E:up]

末原さんがお仕事されている高松市中央卸売市場にも、
春の野菜があふれるようになったそう[E:cherryblossom]
たけのこ、わらびなど1ヶ月位で姿を消すレアな春野菜・・・いつ食べるの?

今でしょ[E:sign03](笑)

って訳で、今月も春野菜を紹介[E:note]

『葉ゴボウ』をピックアップします[E:wink]


Attachment01

パッと見、ふきのような姿の葉ゴボウ。
それもそのはず。ふきも葉ゴボウも同じ”キク科”の野菜。
ちなみに、レタスやサンチュも”キク科”なんですって[E:sign02]

奥深き野菜の世界・・・[E:catface]


『葉ゴボウ』は、根ではなく、葉と根の間の茎の部分をメインに食べる食材。
でも、葉っぱも根っこも食べられます[E:note]

Attachment02

根っこは、まさにゴボウですもんね[E:flair]

葉っぱは、春巻きの具にしてみると美味しいのだそう[E:happy01]


香川では、特におじいちゃんおばあちゃんがいる家庭では、
春になると食卓に『葉ゴボウ』が並ぶことも多いと思いますが、
実は、全国的にみると、かなりマイナーな野菜なんだとか[E:sign02]


福井県の『越前白茎ゴボウ』

大阪府八尾市周辺の『若ゴボウ』

香川の『葉ゴボウ』


この3つが有名。名前は異なりますが、全て『葉ゴボウ』
『葉ゴボウ』3兄弟です[E:catface]


また、香川は、『ゴボウ』が1年通して生産される珍しい土地。

冬〜春⇒葉ゴボウ (温暖な平野部)

春〜夏⇒新ゴボウ (温暖な平野部、高松では前田や一宮)

秋〜冬⇒根ゴボウ (塩江町などの傾斜地)

年間通して旬の”ゴボウ”を味わえる[E:sign03]
なんて贅沢なのでしょう[E:note]


マイナー野菜だけど、栄養は満点[E:sign03]
食物繊維の塊です[E:note]
また、ポリフェノールの一種も含まれていて、女性には嬉しいことだらけ[E:heart01]


そんな『葉ゴボウ』の食べ方・・・
下ごしらえを忘れずに[E:sign03]

ふきと同じく、ぐらぐらしたお湯で湯がいてくださいね[E:note]
そこからは、想像力を活かしてレッツアレンジ[E:flair]

最もポピュラーなのは、讃岐人お得意の『お揚げと一緒に炊くやつ』(笑)


今回、末原さんは『生で塩もみしたもの』『ゆでたもの』『ゆでて味付けしたもの』
3種類を持ってきていただきました[E:note]


Attachment00

生の葉ゴボウは初めて食べたのですが、これが美味しい[E:shine]
シャキシャキした食感と適度な塩気・・・


葉ゴボウの漬物やないかーい[E:sign03]


ゴボウの風味と味もしっかり味わえます[E:good]
ご飯のお供にぴったりかも[E:scissors]

他にも、天ぷら、ゴマ味噌和え、きんぴら、スープ、パスタなど
様々なアレンジが出来る野菜だと思います[E:up]

ぜひ、今が旬の春野菜『葉ゴボウ』を味わってみてくださいね[E:wink]



posted by joy-u at 21:17| TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メッセージ・リクエストはこちらまで

FM香川「JOY-U CLUB」係
MAILclub@fmkagawa.co.jp  FAX : 087-837-7870
あなたからのメッセージ・リクエストが番組を面白くします!
どんどんお寄せください♪

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。