TOPICS

2015年10月15日

献血ルーム オリーブ

こんばんは、大熊です[E:chick]

10/12(月・祝)のJOY-U・CLUBで献血ルーム オリーブに取材に行った時のことをお送りしました[E:karaoke]


3


左から看護師の白川さん、受付の天野さん、私です。


香川県高松市丸亀町13-3
高松丸亀町参番街東館3階

にある献血ルーム「オリーブ」は南新町から移転してきて5年目に突入しています[E:run]
まるでカフェのようなゆったりとした空間で癒されます[E:clover]


Photo_7


受付が終わったら受付のすぐ横にある問診からスタートです!
こちらで健康状態を確認し、その後に医師による問診、看護師によるヘモグロビン濃度測定などを受けます。


Photo_8


献血ができる!と判断されたらこちらで採血を行います。
採血室は明るく清潔感があってゆったりとした気持ちになれます[E:bud]



Photo_9


フリーサービスのお菓子やドリンクもあります♪
採血後は水分補給と休憩をしっかりと!
雑誌や漫画もたくさん置いていました[E:book]

献血カード(献血手帳)を受け取って終了です。


お子さんが楽しめるキッズルームがあってDVDやおもちゃ、絵本も揃っていますよ[E:chick]

また、献血前日までであれば事前予約も可能です。詳しくは★こちら★をご覧ください。


いま、特に若い世代での献血者が減ってきています。
10代、20代の献血者はこの10年で約32%減少したといわれています。

年齢や体重、健康状態などによって献血が出来ないという方ももちろんいらっしゃいます。
今回、私も取材時に初の献血をしようと意気込んでいたのですが条件を満たしておらず、献血に協力することができませんでした。
でも「献血について知り、考えること」も大切なことの1つではないかな、献血者が増える第一歩ではないかな、と今回の取材を通じて感じました。

看護師の白川さんのお話にもありましたが血小板は採血した日を含めて4日間しか有効期間がありません。だからこそ、毎日献血が必要になってきます。

献血は条件を満たしていれば誰でもできる簡単なボランティアです!
少しでも多くの人が献血について知り、考え、アクションを起こしてくださったら嬉しいです。


FM香川が9月末に発刊した「ぼうさいえほん」の巻末にも献血ルーム「オリーブ」について掲載されているのでぜひご覧ください!

posted by joy-u at 19:23| Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受け継ぎます!受け継ぎました!受け継ぎたい!

ども!井川です。
10月15日(木)のテーマは「受け継ぎます!受け継ぎました!受け継ぎたい!」です。

「先祖代々の土地を受け継いで、農業やってます。」
「先輩からの魂を受け継いで、来年こそ全国大会だ!」
「早く師匠から、その技を受け継ぎたい!」
「この音痴は、両親から受け継いだものです。」・・・などなど。



「受け継ぎます」、「受け継ぎました」、「受け継ぎたい」というメッセージ、お待ちしています。

Photo_2

欄間彫刻師の朝倉準一さんに越しいただきました。

Photo_3

↑この欄間は、朝倉さんのおじい様の作品だそうです。細部まで職人の魂がいきわたってます♪

2
↑素材は、あの屋久杉ということで、さわさわ(笑)




世の中から、和室が激減する中、欄間も非常に厳しい状況です。
しかしながら、朝倉さんは、その高い彫刻技術を生かして、欄間以外にも、万年筆、お箸、ネクタイ、その他小物など、生活の中で生きる様々な作品作りにチャレンジしています。



将来は、讃岐の伝統工芸を受け継ぐ若い人たちで、色々なコラボレーションをしてみたいそうです。








☆今夜も星がキレイ♪井川でした。

posted by joy-u at 02:34| Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メッセージ・リクエストはこちらまで

FM香川「JOY-U CLUB」係
MAILclub@fmkagawa.co.jp  FAX : 087-837-7870
あなたからのメッセージ・リクエストが番組を面白くします!
どんどんお寄せください♪