TOPICS

2014年09月08日

やれば出来る!

ども!井川です。
9月9日(火)のテーマは「やれば出来る!」です。

「やれば出来る!」と実感した話、「思い切ってやったら出来た!」というエピソード、お待ちしています。


さて、園舎をもたない幼稚園、その名も「森の幼稚園〜お山歩隊〜」の代表、湊千恵さんにお話を伺いました。

Photo_5

ここでは、晴れの日も、雨の日も、風の日も、雪の日も、子どもたちは森で一日を過ごします。

その日に何をするかは子どもたち自身が決めます。
小さなケガは当たり前!木登りをする子どももいれば、土でママゴトをする子どももいます。そこは、岩のデコボコもあれば、川のビチャビチャもあります。
色々なことを「ルールで覚える」のではなく、「毎日の体験」から、いわゆる「加減」を掴み取ります。

また、週に一度は、薪を拾い、釜でコメを炊き、親と協力して、ご飯を作るそうです。そうすると、子どもは「あ、ご飯が炊けたよ〜。だって、さっき湯気がいっぱい出て、水が吹き出てたもん!」と、目盛りや電子表示がなくても、分かるそうです。



子どものチカラって、大人が思う以上にすごい!まさに「やれば出来る!」です。




木登りしている子どもを見なくなったのは、「最近の子どものせい」ではありません。空き地で三角ベースをしている子どもを見なくなったのは、野球人気の衰えからではありません。

それはきっと、大人の世界がクレームとトラブルに囲まれることで、急速に「子どもに寛容でない社会」に変化していったせい。


「森の幼稚園」は、今、全国各地で、様々な形で誕生しているそうです。色々考えさせられますね。






☆今夜もコーヒーが苦くて美味い!井川でした。
posted by joy-u at 22:41| Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メッセージ・リクエストはこちらまで

FM香川「JOY-U CLUB」係
MAILclub@fmkagawa.co.jp  FAX : 087-837-7870
あなたからのメッセージ・リクエストが番組を面白くします!
どんどんお寄せください♪